国立大学が独立法人化されて以降,国立大学の予算は長期低落傾向を続け,研究者は研究費の確保に苦心することになりました。特に最近,安倍政権の舵取りによって,文部科学省から出てくる学術研究費が大幅に削減される一方,防衛省から出てくる学術研究予算が大幅に増えています。
例えばネット上のニュースとして次をリンクしておきます。

安倍内閣が前年の18倍の巨額「軍事研究」予算を閣議決定! 大学や科学者も軍事協力に前のめりに(リテラ)

・安全保障技術研究推進制度とは例えば防衛装備庁:安全保障技術研究推進制度をご覧ください。

このような傾向と軌を一にして,だいぶ前から学術研究のデュアルユース(軍民両用研究)の是非について,議論が盛んになされるようになっています。この考え方は軍事研究を志向する人々にとってはきわめて好都合な概念で,技術は使い方によって軍事用にも民生用にも使えるのだから研究そのものには罪の無い事だ,という口実の根拠となります。しかし,このような考え方の危険性について,警鐘を鳴らしているお二人の考察を紹介しておきます。

科学者と軍事研究(池内了)
防衛費5兆円突破、デュアルユース研究はどこへ?


こういう政治社会の流れに対し,長崎大学がどのような姿勢で臨まれるのか,長崎市民としては重大な関心を抱かざるを得ません。よって,次のような質問状を送った次第です。

公開質問状1頁目
a0339940_15284714.jpg

公開質問状2頁目
a0339940_15284815.jpg

学術会議声明
a0339940_18523723.jpg


長崎大学研究者行動規範

長崎大学共同研究規程
(共同研究の実施基準)
第3条 本学において受け入れる共同研究は,大学の社会的使命に照らし,教育研究上有意義であって,人類の福祉と文化の向上への貢献を目的とする研究に限るものとし,軍事等への寄与を目的とする研究は,受入れの対象としない。

(適用除外)
第20条 本学は,特別な事情がある場合は,この規程の一部を共同研究又は共同研究者等に対して適用しないことができる。

研究担当理事の通知文
a0339940_18521786.jpg


米軍の資金提供を伝える長崎新聞記事
a0339940_18523740.jpg


『BSL4施設設置の中止を求める自治会・市民連絡会』関連情報に戻る
トップページに戻る



========記事ここまで========

[PR]

by nakamatachi3 | 2018-02-25 12:10 | Comments(0)



2018年2月2日に行われた市長と住民との話し合いの報道です。
新聞は2月3日付けを全紙チェックしましたが,報道は長崎新聞だけでした。2月4日付は未確認です。
テレビはNBCとKTNが確認できました。

長崎新聞の見出しは『市長と反対住民平行線』。会場では市長の姿勢に対する批判が相次ぎ,立ち往生する場面も見られたのに,あと一歩の詰めを欠いたため,市長は最後の10分にも及ぼうかという間の独演で容認撤回しないことの言い訳を思う存分言えたのでした。
だって,そのあと住民から反論が来ないようなプログラムになっているのだから安心して言えたわけです。
残念ながらこういう見出しになったのも許容範囲だなあと個人的に思っています。

2017年12月20日付 長崎新聞
a0339940_17090752.jpg

NBCのHPより
a0339940_17090778.jpg


KTNのHPより
a0339940_17090772.jpg


報道記事一覧に戻る
『BSL4施設設置の中止を求める自治会・市民連絡会』関連情報に戻る
トップページに戻る






========記事ここまで========

[PR]

by nakamatachi3 | 2018-02-05 19:10 | Comments(0)