WHOの97年文書には立地規準に関するものも書かれています。それは単に一か所の英訳の誤訳だけでは否定できない,いくつかの状況証拠として示すことができます。
大学からの反論があれば,それらを使って,その反論を否定できるでしょう。


再度強調しておきますが,長崎大学のBSL4施設坂本設置計画は,WHOの立地規準に従っていないので,即刻中止してもらいたい。よろしくお願いします。

a0339940_17113061.jpg
クリックすれば大きくなります。



地域連絡協議会に提出した意見書・質問書新シリーズ一覧に戻る
トップページに戻る






========記事ここまで========

[PR]

by nakamatachi3 | 2017-02-18 13:26 | Comments(0)



長崎大学との議論において,WHOの立地規準に関するものは,確定診断の説明と並ぶ重要な課題です。当ブログでも当初からその議論を展開しています(立地条件に関するWHO勧告を巡る議論)。しかし,大学は正面切って議論する意思が無いようです。言いっ放しで終わるからです。


WHO文書に書かれた指針が,もし我々が言うように『住宅地から離れて設置する事』を意味するのであれば,もう他の反対理由は要りません。世界各国はWHO基準に違反していますが,他の国が違反しているからうちも違反していい事にはならないからです。
しかも,WHOは各国のプロトコルをWHOの指針に合わせるよう,要請さえしています。

この問題が厄介なのは,国が国会答弁で,『住宅地から離れて設置するようには書かれていない』と公的認知をしているからです。そしてその理由は引用記事にも書いたように,すでに武蔵村山にBSL4施設を建ててしまっていたからです。それを移設しなくて済むようにそのような無理な姿勢を取らざるを得なかったというわけです。
このような国を挙げてのごまかしについてシリーズとして質問しました。

a0339940_11475431.jpg
クリックすれば大きくなります。

これは英語のLaboratoryがたまたま,一部屋としての実験室と,研究所全体を指す両義性を有していることから生じた混乱です。と言えば聞こえはいいけど,それを悪用して,研究施設の設置指針を,一実験室の建物内部での配置問題にすり替えてしまったわけなのです。

この問題が厄介なのは,国が国会答弁で,『一実験室の建物内部での配置問題』であると公的認知をしているからです。その理由は引用記事にも書いたように,すでに武蔵村山にBSL4施設を建ててしまっていたからです。それを移設しなくて済むように,無理な解釈をこじつけたわけです。

しかし,国のこのようなやり方は驚くにあたりません。遠くは日米開戦を決めた英電文の「誤訳」から,福島原発事故の安全神話や,最近の防衛文書の不存在事件を含め,数多くあります。
どちらが正しいかは,英文の忠実な訳で決まる,非常にシンプルなことですが。


地域連絡協議会に提出した意見書・質問書新シリーズ一覧に戻る
トップページに戻る






========記事ここまで========

[PR]

by nakamatachi3 | 2017-02-18 12:13 | Comments(0)



長崎大学は,世界中で起こるバイオ施設関連の事故について,BSL3以下の施設については,見向きもしません。この姿勢は非常に深刻な心配を引き起こすものです。


そもそも,BSL4施設と言っても,実験室内部についてはBSL3施設よりも厳重な取り決めがありますが,実験室外部に対してはBSL3施設とBSL4施設とでは,全くと言って良いほど区別はないのです。しかも装着忘れとは,BSL3施設でもBSL4施設でも全く関係ありません



そのような姿勢についてシリーズ2番目の質問です。

a0339940_11113311.jpg
クリックすれば大きくなります。


地域連絡協議会に提出した意見書・質問書新シリーズ一覧に戻る
トップページに戻る






========記事ここまで========

[PR]

by nakamatachi3 | 2017-02-18 11:17 | Comments(0)