学習講演会シリーズ第1回は予期した以上の成果が得られたと思います。この調子で第2回を開催しますので,ぜひお越しください。

改めて強調しておきます。この長崎大学の計画はただ一言で正邪の決着がつく問題です。その一言とは,

『住宅密集地でエボラの動物実験を行うことは非常識』

施設が安全ならば非常識ではありえないわけですが,その安全であるという説明には実は安全神話が巧妙に紛れ込んでいるのです。いったいどこが安全神話なのか,それを学習していくのが,このシリーズです。

『住宅密集地でエボラの動物実験をしないで!』

という願いが,住民エゴなんかであるはずがないのです。未だ,判断がつかない市民の皆さん,このシリーズで一緒に学習していきましょう。非公式ながら大学にもこの学習講演会で講演することを呼び掛けていますが,未だ返事はありません。ぜひ大学とも一緒に考えたいですね。

第2回のテーマは『なぜ住宅密集地のBSL4施設は怖いのか?』です。ぜひご参加ください。(ビラは両面印刷です)

a0339940_19204473.jpg
a0339940_19205720.jpg
クリックすれば大きくなります。


『BSL4施設設置の中止を求める自治会・市民連絡会』関連情報に戻る
トップページに戻る






========記事ここまで========

[PR]

by nakamatachi3 | 2018-06-20 19:22 | Comments(0)

<< 長崎大学のBSL4施設設置計画...    第1回学習講演会の報道記事 >>