第1回学習講演会において,講演資料のほか2つの資料を配布しました。一つが趣旨であり,もう一つが当日急遽作成した下記文書です。ほとんどの一類感染症は,感染者が全くいない状態がずっと続くはずでしょう。
そういう時に感染者が突然,長崎に現れるという事態は想定する必要はありません。一方,その病原体は坂本のBSL4施設に常時存在しているわけです。考えてみたら,ぞっとする話ではないでしょうか?
a0339940_20594373.jpg
参考記事:天然痘に関する大学側のとぼけぶり
クリックすれば大きくなります。


『BSL4施設設置の中止を求める自治会・市民連絡会』関連情報に戻る
トップページに戻る






========記事ここまで========

[PR]

by nakamatachi3 | 2018-06-03 17:27 | Comments(0)

<< 第1回学習講演会の感想集    学習講演会の趣旨 >>