文部科学省からの回答は一度目と大きな違いがあります。それは何といっても,昨年末の閣議決定の影響です。昨年8月に一旦概算要求を見送った後,突然設置に向けて大きく舵を切る閣議決定が為されました。そのようなものを軽々しく扱うわけにはいかないでしょう。

今振り返ると,その閣議決定が為された時期というのは,加計学園の獣医学部設置に向けても非常に理不尽な無理が行われていた時期と一致します。長崎大学の場合も,その同じ時期,田上市長が突然,菅官房長官に呼びつけられて初めて,事が表に現れたのです。(そのための布石は,8月の概算要求見送りの直後から着々と打たれていましたが。)

しかしながら,この問題は住民の命に関わる,民主主義の原点の問題です。どうか,設置に伴うリスクを受入れるか受入れないかについては,住民自身が決定するという民主主義の大原則を尊重してもらいたいと切に願います。大多数の住民の意思を無視するようなことを,文部科学省が行って良いものかどうか,じっくり考えてください。今は『必要な経費を措置して行く予定』というものがどういうものか,見守るしかありませんが,それ次第では・・・・

文部科学省からの回答1/4
a0339940_10343238.jpg


一度目の嘆願書に対する回答(参考)
a0339940_10452554.jpg

回答2/4~4/4
a0339940_10323682.jpg
a0339940_11111633.jpg
a0339940_11120826.jpg
クリックしても図が全く大きくならない,どころか小さくなったりすることがあります。これは
プロバイダーであるエキサイトの仕様で,筆者にはわけがわかりません。無論,エキサイト本部に質問しても解決できません。小さすぎる時は画像を拡大してみてください。ぼやけますが,判読しやすくはなります。(それにしても判読が必要なんてね。)

『BSL4施設設置の中止を求める自治会・市民連絡会』関連情報に戻る
トップページに戻る






========記事ここまで========

[PR]

by nakamatachi3 | 2017-08-25 10:36 | Comments(0)

<< BSL4学習会のお知らせー山口...    文部科学大臣への嘆願書提出の件 >>