記者会見が終了した後,田上市長へ下記の要求書を手渡しました。ただし,田上市長は都合が付かず,代わりに地域保健課の高木課長さんが受け取ってくださいました。(事前打合せの際に,代理を了解しました。)
会議の途中だったのですが,記者会見終了を見計らって駈け付けて下さったことに感謝いたします。


田上市長には住民の理解度がどの程度か,自分の目でしっかりと確認して戴きたい,という事を特に伝言しました。思えば,昨年11月の,設置容認宣言の際に,『住民の理解が進んでいる』などと口実を設けましたが,その根拠は一体何だったのでしょうか?


実は,隣接6自治会長と3連合自治会長のみに面談し,その結果を基に,『賛成が多かった』などと公言しておられるのです。隣接6自治会長の大部分は長崎大学の言う事に異議は唱えないという人たちで,初めから結果はわかっていることです。


田上市長にはそういう地域のボスではなくて,住民全体の真意を掬い取って戴きたいものです。これまでの姿勢を改めて,実態をしっかり見極めて下さるよう,お願いいたします。

田上市長への設置容認の撤回を求める要求書
a0339940_09523592.jpg



安全神話の宣伝に関する片峰学長への公開質問のまとめに戻る
『BSL4施設設置の中止を求める自治会・市民連絡会』関連情報に戻る
トップページに戻る






========記事ここまで========

[PR]

# by nakamatachi3 | 2017-07-15 09:53 | Comments(0)