順序が前後しましたが,8月22日に開催された第12回地域連絡協議会は大変興味深いものでした。何と,片峰学長が地域連絡協議会に初めて姿を現すというパフォーマンスがあったのです。
これは或る委員からの出席要請に応える形で登場したものですが,それを利用して用意周到のパフォーマンスが演出されたのです。


その内容は発言の書き起こしとともに,改めて記事にしますが,ひと言で言えば実に情けない登場でした。その演説の間はマスコミの撮影を許し,演説が終わって質疑応答の時間になると再び撮影禁止とされました。そして,いくつかの質疑応答の後,筆者が質問しようとしたところ,時間切れを口実に,調議長は会議の打ち切りを宣言したのです。
その時学長は,質疑に応じる度量をみせるべきでしたね。ひょっとしたら,原爆発言を質されることを心配したのでしょうか?
何はともあれ,詳細は記事のアップまでお待ちください。

2017年8月23日 長崎新聞
a0339940_09082780.jpg
この長崎新聞の記事では,片峰学長がリスクはゼロでないと認めたことを伝えており,評価できますが,リスクの評価に関して片峰学長の一方的な考えの伝達だけで終わっているのは残念です。
私たちは十分な根拠の基に,それを否定する見解をまとめています。


2017年8月24日 新聞赤旗
a0339940_09081887.jpg
新聞赤旗でも取り上げてくれました。
こちらは,公開質問状に対する片峰学長の名回答「リスクゼロは神の領域」,「リスクゼロと断言することはできない」を引用し,最後に,『住民の声には応えようとせず,傍聴席からも不満の声が上がっていました』と結んでおり,学長の一方的な宣伝・伝達とはなっていません。高く評価します。


報道記事一覧に戻る
『BSL4施設設置の中止を求める自治会・市民連絡会』関連情報に戻る
トップページに戻る






========記事ここまで========

[PR]

# by nakamatachi3 | 2017-09-15 17:08 | Comments(0)