1.『感染症研究が世界に後れを取る』という焦りの意味 2015-05/28
   世界との競争よりも早くエボラの脅威がなくなって欲しいです。もちろん,長崎大学には頑張って欲しいと応援します。でも市民を道連れにしないで。

 2.『国家の危機管理上の観点』からの焦りの意味 2015-06/01
   国家の危機管理上の問題を一地方大学が自分にやらせてくれと手を挙げた構図です。でもそれは住民を危険な環境に道連れにする構想でした。

 3.BSL4施設と国民の安全の関係 2015-06/04
   国民の安全と国家間の競争のどちらがゆうせんしているのでしょうか。

 4.施設設置で長崎市民は国家間の競争に巻き込まれる 2015-06/05
   国家間の競争というとどうしてもセキュリティ競争になります。国際協力体制が取られない理由は案外このあたりにあるのかもしれません。

長崎大学の主張に対する批判に戻る
トップページに戻る







========記事ここまで========

[PR]

# by nakamatachi3 | 2015-05-28 21:40 | ・長崎大学の主張への批判 | Comments(0)