片峰学長はこの9月末に学長を退任されます(と言えば本日ですね。ただし,公式の退任日はわかりません)。その退任にあたり,学長へ公開質問状を提出しました。

その趣旨は,退任後の片峰学長の責任はどうなるのか,ご本人はどのように思っておられるのか,その確認をすることにあります。
わが国では,国家や公的機関の官僚主義が目に余ります。近くは築地市場の豊洲移転問題,少し前には福島原発事故などがすぐに思い浮かびますが,重大な結果が起こってしまったのに,誰もその責任を取る人がいないのです。


官僚主義とは役職の陰に隠れて,個人としての責任が何ら問われないシステムのことです。長崎大学も官僚主義がはびこっている組織ですが,この施設の問題で言えば次のようになります。片峰学長が去った後,万一このまま施設が設置されて,いつの日か紙一重の不運が重なって重大な被害が長崎の町に生じたとしましょう。その時の事故は,その時の学長が責任を問われることでしょう。しかし,それは形式的なものであって,真の責任を問われたことにはなりません。真の責任が問われなければ,何度も同じ失敗を繰り返すことになります。
そういう時,真の責任を問われるべき人は,やはり片峰学長になるのです。なぜなら,私たちは,将来どんな不手際が生じるかわからない,そういう意味も含めてリスクと言い,そういうこともあるからリスクは容認できない,住宅密集地への設置は反対だと言っているのです。そして,片峰学長も,リスクそのものをゼロにすることはできないと認めました。それでもなお,住民の合意なしで設置強行したのですから,真の責任はその時の学長ではなく片峰学長にあるのです。たとえ,その時の学長が杜撰なとんでもない人物であったとしても真の責任は片峰現学長にあります。なぜなら,そういう人物が出現するかもしれないこともリスクだからです。(実験者ばかりではなく,管理職にトンデモ人間が就くケースというのもリスクの一つです。)


同様に,実質的に施設を完成させる役目を負う次期学長には,もしこのまま住民の合意を得ないまま施設を実際に建設したら,同じ意味の責任が付いて廻ることをよく理解して戴かなければなりません。


このBSL4施設設置問題における片峰学長の役割は,単に学長の職にあったから行ったという,学長が形式的な位置にあった事業ではありません。片峰学長自身が,学長という職位を利用して,自らの意思で設置推進したわけです。たとえ学長という職位であっても,別にBSL4施設の設置を住民の合意なしで進める必要はないわけですから,片峰個人としての意志でそれを強行したことになります。従って,個人としての責任は生涯ついて廻るというべきものです。

私たち住民は,まさか片峰学長が退任した後は知らん顔,ということはなさらないだろうと信じてはおりますが,それを確認させて戴きたかったのです。そのお覚悟があれば,回答はきわめて簡単なものであるはずです。どうか,真摯な回答をお願い申し上げます。

a0339940_09074518.jpg
クリックすれば大きくなります。適当に拡大縮小してください。


『BSL4施設設置の中止を求める自治会・市民連絡会』関連情報に戻る
トップページに戻る






========記事ここまで========

[PR]

by nakamatachi3 | 2017-09-30 09:08 | Comments(0)



今ごろになってようやく気が付きましたが,新聞報道に関する記事が混乱していました。申し訳ありません。
陳情関係の報道紹介記事が,第12回地域連絡協議会関連の報道紹介記事にそっくり置き換わっておりました。不注意に対し読者の皆様に深くお詫び申し上げます。


以前の記事は完全に消えているため,落胆と我が身の不運を呪いながら,改めて書きます。
西日本新聞は,参考人の一人が申し述べた,近隣自治会での説明会において某教授が嘯いたという「脅し」を大きく取り上げてくれました。がこの脅しで使われた理屈がおかしいことはすぐにわかります。それについても消えた記事には書いていたのですが,もうここに書く気力はありません。総括記事の方に気を取り直して書くことにします。

朝日新聞の方は表面的な無難な記述にとどまっています。

2017年9月14日 西日本新聞
a0339940_17233892.jpg
赤枠で囲った部分をご覧ください。BSL4施設のそばには病院が必要だ,つまり施設がどこか遠くにできれば大学病院を移転することになる,という説明を,某教授が住民に対して行ったわけです。

2017年9月14日 朝日新聞
a0339940_17060122.jpg
地域連絡協議会に対し,山田参考人が「大学の一方的な説明だけで終わっており,議論になっていない」と訴えたことが明記されており,その点は評価できます。


報道記事一覧に戻る
『BSL4施設設置の中止を求める自治会・市民連絡会』関連情報に戻る
トップページに戻る






========記事ここまで========

[PR]

by nakamatachi3 | 2017-09-20 13:22 | Comments(0)



BSL4学習会のお知らせー山口研一郎医師の講演会ーでお知らせしていた講演会は予定通り終了しました。台風18号の影響で飛行機が欠航になることを心配しましたが,まるで見計らったかのように台風が速度を緩めてくれて,無事開催できました。
参加者は150人を数え,山口先生と二木先生のお話に,どなたもこの問題の本質を熱心に学び取っておられました。
この学習会についても改めて総括記事を載せます。しばらくお待ちください。
なお,NBCでも放映が予定されていたのですが,たまたま衆議院解散のニュースに時間を取られ,別の日に変更されたとのことです。

2017年9月17日 長崎新聞
a0339940_09452488.jpg


2017年9月17日 朝日新聞
a0339940_10480872.jpg


2017年9月17日 読売新聞
a0339940_10482356.jpg


報道記事一覧に戻る
『BSL4施設設置の中止を求める自治会・市民連絡会』関連情報に戻る
トップページに戻る






========記事ここまで========

[PR]

by nakamatachi3 | 2017-09-19 09:49 | Comments(0)



順序が前後しましたが,8月22日に開催された第12回地域連絡協議会は大変興味深いものでした。何と,片峰学長が地域連絡協議会に初めて姿を現すというパフォーマンスがあったのです。
これは或る委員からの出席要請に応える形で登場したものですが,それを利用して用意周到のパフォーマンスが演出されたのです。


その内容は発言の書き起こしとともに,改めて記事にしますが,ひと言で言えば実に情けない登場でした。その演説の間はマスコミの撮影を許し,演説が終わって質疑応答の時間になると再び撮影禁止とされました。そして,いくつかの質疑応答の後,筆者が質問しようとしたところ,時間切れを口実に,調議長は会議の打ち切りを宣言したのです。
その時学長は,質疑に応じる度量をみせるべきでしたね。ひょっとしたら,原爆発言を質されることを心配したのでしょうか?
何はともあれ,詳細は記事のアップまでお待ちください。

2017年8月23日 長崎新聞
a0339940_09082780.jpg
この長崎新聞の記事では,片峰学長がリスクはゼロでないと認めたことを伝えており,評価できますが,リスクの評価に関して片峰学長の一方的な考えの伝達だけで終わっているのは残念です。
私たちは十分な根拠の基に,それを否定する見解をまとめています。


2017年8月24日 新聞赤旗
a0339940_09081887.jpg
新聞赤旗でも取り上げてくれました。
こちらは,公開質問状に対する片峰学長の名回答「リスクゼロは神の領域」,「リスクゼロと断言することはできない」を引用し,最後に,『住民の声には応えようとせず,傍聴席からも不満の声が上がっていました』と結んでおり,学長の一方的な宣伝・伝達とはなっていません。高く評価します。


報道記事一覧に戻る
『BSL4施設設置の中止を求める自治会・市民連絡会』関連情報に戻る
トップページに戻る






========記事ここまで========

[PR]

by nakamatachi3 | 2017-09-15 17:08 | Comments(0)



長崎市議会に対し,中止連から下記のような陳情書が提出されました。現在の予定では9月13日(水)の午前10時から,長崎市議会の教育厚生委員会で審議される予定になっています。
住民の皆さんは,ぜひ多数傍聴にお出かけください。私たちの選良たちがどのような議論をなさるのか,確認する絶好の機会です。

a0339940_11244966.jpg
a0339940_11190861.jpg
a0339940_11191027.jpg
a0339940_11191103.jpg
a0339940_11191210.jpg
クリックすれば大きくなります。適当に拡大縮小してください。

参考人として3名が出席して,合計10分の説明をする機会を与えられました。

『BSL4施設設置の中止を求める自治会・市民連絡会』関連情報に戻る
トップページに戻る






========記事ここまで========

[PR]

by nakamatachi3 | 2017-09-12 11:26 | Comments(0)