(1)BSL4施設のリスクと市民との関係
 考えてみれば不思議なことである。長崎大学が自らの施設を自らの敷地内に設置することに,なぜ私たち住民が異を唱えて良いのだろうか? 実は,BSL4施設の設置については,学術会議の提言,文部科学省やWHO等,多くの組織の指針で,住民の理解が大前提ということが謳われているのである。その理由を考えればこの問題の社会的意味が明らかになってくる。
 つまりこういうことだ。BSL4施設の中では最高度に危険なウイルスが取扱われる。すると,万一の事故や事件が生じた場合,その兇悪なウイルスは取り返しのつかない被害を市民に与える。その潜在的な危険性が公認されているのである。
 このことを逆に言えば,施設が設置されると住民・市民は或るレベルのリスクを覚悟しなければならないということになる。誰でもそんなリスクと隣り合わせに生涯を送りたくはないし,そんな土地を子孫に引き継ぎたくもない。問題はリスクの程度である。実は長崎大学は世界一安全な施設・マニュアルを作ると言って,リスクを認めて来なかった。しかし,リスクゼロの安全神話は絶対にありえないことを原発事故で国民はいやと言うほど学習したのであり,片峰学長も最近の公開質問で,ついにリスクがゼロでないことを認めた。しかしそのリスクの程度の認識は私たちと大きな開きがある。

(2)住民の理解の意味
 一方,エボラのような超高危険度感染症の克服は全国民の悲願,そのような重要な意義を持つ研究にはリスクがあっても設置を認めたい市民もいるかもしれない。すると,研究のためリスクを取って設置容認するか,別に坂本になくても良い施設によってリスクを負うのはまっぴらご免!と言うか,住民一人一人の問題となる。BSL4施設設置問題はその過程を経て決定すべき問題と言える。
 この時に銘記すべき点は,決定する権利は住民側にあること,大学はその決定を尊重しなければならないことである。ところが,現在進行中の事態は住民の意思に敵対する方向に進んでいる。これは税金で賄われている国立大学の分際としては驚くべきことで,長崎大学の体質としか言いようがない。福島原発による健康被害を異常に小さく見せかける犯罪的行為を主体的に担っていることと併せて考えると,もしかしたらこれは長崎大学の歴史的体質なのかもしれないと思う。

(3)私たち住民の意思の表明
 BSL4施設を誘致してまで設置したい住民の存在はこれまで認知されていない一方,私たちはこれまで住民の反対の声を数字として目に見える形で示してきた。二十数自治会の反対表明に始まり,反対表明ハガキの集積,街頭署名を経て,今年の4月から組織的な署名活動を新たに開始した。約3か月強経ったが,これだけでもすでに6千筆を超える署名が集まり,記者会見で社会に報告した。また,その事実は学長,市長,知事に通告し,事業の中止と設置容認撤回を要求したが,未だ事業中止の気配は見えない。
 そして,文部科学大臣には二度目の嘆願書を送り,来年度の概算要求を見送るよう求めた。間もなく回答入手の見込みである。(一度目は今年度の概算要求見送りにつながった。)

(4)私たちはなぜ反対しているのか
 私たちが反対している理由についても書いておかなければならないだろう。(紙幅の関係で簡単にしか書けないことをお断りしておく。詳細はお問い合わせください。)
 ・別に坂本になくても良い施設によるリスクを負いたくはない(坂本設置は大学の身勝手な都合)
 ・リスクゼロという安全神話は受け入れない。
 ・長崎大学の信頼できない体質1:研究施設の安全管理の杜撰さ(違反の実態有)
 ・長崎大学の信頼できない体質2:虚偽の説明や宣伝(重大事故は紙一重の運次第)
 ・長崎大学の信頼できない体質3:住民ファーストではない体質(大学ファースト)
 ・長崎大学の信頼できない体質4:情報公開に消極的(防衛絡みの研究を監視するのは不可能)

【結びに代えてのお願い】 このBSL4施設設置事業を中止してもらうには,圧倒的多数の市民の声を届けるほかはない。文部科学省や行政機関,それにあの長崎大学さえも,署名の重みは十分に認識しているとのことである。読者の皆様にも署名へのご協力をお願い申し上げる。

本稿は『言論ながさき 第5号』に寄稿した文章を基にしたものです(長崎ぶらぶら平和日記の主宰者,I氏から依頼を受けたもの)。ただし,字数制限のため意を尽くせなかった部分については文意補強のために若干の手を加えました。また,色文字による強調はオリジナルにはありません。


主張・理念と声明に戻る
『BSL4施設設置の中止を求める自治会・市民連絡会』関連情報に戻る
トップページに戻る






========記事ここまで========

[PR]

by nakamatachi3 | 2017-08-28 10:19 | Comments(0)



講師の山口研一郎氏は,片峰学長と同じ時期,長崎大学医学部で学ばれた方で,互いに周知の間柄です。山口氏は,片峰学長に対し早い時期から住宅密集地におけるBSL4施設の危険性を警告しておられました。(下に続く)

a0339940_17365887.jpg
電話番号はメールにてお問い合わせください。

学生当時,お二人は長崎大学医学部が理想とはかけ離れている実態を見て,他の学生たちとともに理想的な医学部に改革すべく,熱い運動を闘っておられたそうです。


今,一方の片峰学長は,国立大学でありながら住民の意思に敵対した事業を強行するという信じがたい行為最大の責任者となっておられます。かつて抱いておられたという”理想”とはそのようなものだったのでしょうか?
もう一方の山口研一郎氏はそのことについて,どのように考えておられるのか,また長崎大学医学部とはどのようなものだったのか,興味は尽きません。ぜひ皆様もご一緒に聴かせていただきましょう。


またもう一人の講師の方は,大阪府高槻市に建設されたJT(日本たばこ産業)のBSL3施設設置反対運動をやって来られた方です。
このJTはかつて大きな事件を引き起こしました。なんと,JTの研究職員が,遺伝子組換えにもちいる放射性同位元素を勝手に持出し,JR高槻駅前でそれをばら撒いたのです。その時の被害はどうなったのでしょうか?


何らかの健康被害はあったはずですが,恐らくはっきりとした健康被害の記録はないと思われます。反対運動の経験のお話とともに,そのような危険な実態も一緒に勉強させて戴きましょう。


『BSL4施設設置の中止を求める自治会・市民連絡会』関連情報に戻る
トップページに戻る






========記事ここまで========

[PR]

by nakamatachi3 | 2017-08-25 16:22 | Comments(0)


文部科学省からの回答は一度目と大きな違いがあります。それは何といっても,昨年末の閣議決定の影響です。昨年8月に一旦概算要求を見送った後,突然設置に向けて大きく舵を切る閣議決定が為されました。そのようなものを軽々しく扱うわけにはいかないでしょう。

今振り返ると,その閣議決定が為された時期というのは,加計学園の獣医学部設置に向けても非常に理不尽な無理が行われていた時期と一致します。長崎大学の場合も,その同じ時期,田上市長が突然,菅官房長官に呼びつけられて初めて,事が表に現れたのです。(そのための布石は,8月の概算要求見送りの直後から着々と打たれていましたが。)

しかしながら,この問題は住民の命に関わる,民主主義の原点の問題です。どうか,設置に伴うリスクを受入れるか受入れないかについては,住民自身が決定するという民主主義の大原則を尊重してもらいたいと切に願います。大多数の住民の意思を無視するようなことを,文部科学省が行って良いものかどうか,じっくり考えてください。今は『必要な経費を措置して行く予定』というものがどういうものか,見守るしかありませんが,それ次第では・・・・

文部科学省からの回答1/4
a0339940_10343238.jpg


一度目の嘆願書に対する回答(参考)
a0339940_10452554.jpg

回答2/4~4/4
a0339940_10323682.jpg
a0339940_11111633.jpg
a0339940_11120826.jpg
クリックしても図が全く大きくならない,どころか小さくなったりすることがあります。これは
プロバイダーであるエキサイトの仕様で,筆者にはわけがわかりません。無論,エキサイト本部に質問しても解決できません。小さすぎる時は画像を拡大してみてください。ぼやけますが,判読しやすくはなります。(それにしても判読が必要なんてね。)

『BSL4施設設置の中止を求める自治会・市民連絡会』関連情報に戻る
トップページに戻る






========記事ここまで========

[PR]

by nakamatachi3 | 2017-08-25 10:36 | Comments(0)



林芳正文部科学大臣宛に下記のような嘆願書を提出していました。日時は8月7日,配達証明付きの内容証明郵便で郵送しました。いろいろな思惑があって,記事のアップを遅らせました。

文部科学大臣からの回答は,昨日(24日),会長の自宅へ届きました。その内容は別記事でお知らせします。

a0339940_10073735.jpg
クリックすれば大きくなります。



『BSL4施設設置の中止を求める自治会・市民連絡会』関連情報に戻る
トップページに戻る






========記事ここまで========

[PR]

by nakamatachi3 | 2017-08-25 10:00 | Comments(0)



長崎県知事に対して郵送した同じ8月7日に,片峰学長へも簡易書留で郵送しました。これも同じく,当日の記者会見終了儀に市役所から大学本部までそのまま移動するのは困難という事情があります。やむなく郵送にしましたが,全署名持参の際には,片峰学長もぜひ直接署名簿を自身の眼でご覧になって,住民の反対の絶大な重みを感じて戴きたいものです。

なお,昨日(22日)の地域連絡協議会に片峰学長が姿を見せて,短時間ながら都合の良い演説をされました。調利益相反議長の采配で十分な反論ができず,確認できなかったのですが,その演説内容からはこの署名に現れた住民の意志の重みを感じておられるのかどうか,極めて疑問というありさまでした。
公開質問の続きで確認させて戴きましょう。

a0339940_18554434.jpg
a0339940_18221478.jpg
クリックすれば大きくなります。



『BSL4施設設置の中止を求める自治会・市民連絡会』関連情報に戻る
トップページに戻る






========記事ここまで========

[PR]

by nakamatachi3 | 2017-08-23 19:05 | Comments(0)



8月3日の記者会見終了後,署名活動の成果を田上市長に直接手渡しました(ただし代理受取り)。同じ立場にある長崎県知事に対しては,8月7日に簡易書留で郵送しました。郵送にした理由は,当日の記者会見終了儀に市役所から県庁まで移動するのは,非常に大変という事情があります。やむなく郵送にしましたが,全署名持参の際には,県知事にも直接お見せします。その時はぜひ直接面会することをお願いします。

なお,記事のアップが大幅に遅れました。記事のアップは必要性が薄いと思ったからですが,昨日(8月22日)の地域連絡協議会において,県知事にも送付したことを社会にも公表しておくべきと感じる場面がありました。よって,日ずれではありますが,改めて記事としてお知らせします。

なお,昨日の地域連絡協議会には片峰学長が出席されましたが,協議会はひどい内容となりました。ぜひ記事にしたいと考えています。それから,日ずれの記事があと2本あります。片峰学長への通告送付と,文部科学大臣への嘆願書送付の件です。順次,アップします。

a0339940_18324985.jpg
a0339940_18221478.jpg
クリックすれば大きくなります。



『BSL4施設設置の中止を求める自治会・市民連絡会』関連情報に戻る
トップページに戻る






========記事ここまで========

[PR]

by nakamatachi3 | 2017-08-23 18:25 | Comments(0)



8月3日の記者会見終了後,署名活動の成果を田上市長に直接手渡すことを試みました。しかし,その申込みが前日だったので市長の日程調整が付かないという理由で,代理(地域医療課の課長さん)に受け取ってもらいました。

想い起せば,田上市長は昨年11月14日,菅官房長官に呼びつけられ,暗に設置容認を迫られました。それで”住民の理解が進んだ”という口実を作り上げ,設置容認を宣言したわけです。


この口実はおよそ次の2つを根拠にしています。
 (1)田上市長は,坂本キャンパスに隣接する6自治会の会長,およびそれらの連合自治会(3つ)の会長,合計8人(重複のため9人ではなく8人)のみと個別に面談を行い,その結果を以って坂本周辺では賛成が多かった,としました。ところが,彼らは2人を除き,当初から大学の言いなりの推進協力者であることが分かっていました。そこを狙って,このような口実づくりの”住民の意見調査”は許されるものではありません。田上市長は,なぜ坂本周辺だけでも住民の意見調査を実施し,それを基に”住民の理解度”を判断しないのでしょうか。
 (2)昨年10月10日に開催された実に不公正なシンポジウムにおける参加者へのアンケート調査で,賛成意見が多かった,としています。それもそのはず,そのシンポジウムは私たち反対住民はボイコットしたので,反対意見は少なかったでしょう。一方で,長崎大学は教職員や学生に対して,長崎市は市の職員に対して,参加動員をかけたことがわかっています。参加者は400人近くに及んだそうですが,そのような参加者は,”忖度”によって反対意見の表明を遠慮するものです。(ただし,アンケート結果の数字そのものは発表されてはいないと思われます。)


田上市長は,このような根拠のない口実を撤回し,私たちの署名を直視していただきたい。もしそれが信用できないのなら自ら調査を実施するようお願いいたします。

a0339940_09291267.jpg

a0339940_18221478.jpg
NCCニュースの一場面
a0339940_15413257.jpg
クリックすれば大きくなります。



『BSL4施設設置の中止を求める自治会・市民連絡会』関連情報に戻る
トップページに戻る






========記事ここまで========

[PR]

by nakamatachi3 | 2017-08-13 09:30 | Comments(0)



記事のアップをしないまま夏の旅にでかけましたが,ようやく時間ができました。8月3日に記者発表した内容ですが,4月23日に開始した署名活動の成果について,第一次中間報告としてここに発表します。

ただし,署名簿は相手方に提出することはしません。署名の宛先は,片峰学長,田上市長,中村知事の三者ですが,それぞれ署名簿を持参し,その実物を見てもらうだけにします。その際,全署名用紙に通し番号を付け,報道機関にそれを確認して戴く予定です。
従って,個人情報が,大学や市や県に伝わることはありませんので,ご安心ください。


なお,記者発表時の報道記事については署名数中間発表(8月3日)と市長への伝達時の報道記録をご覧ください。長崎新聞でも報道されたことはわかっていますが,未だ手に入っていません。

a0339940_18595394.jpg
クリックすれば大きくなります。

今回の署名活動では3カ月余りが経過した8月2日の時点で6千名を越えました。これは半年で1万人という当初の目標からすれば,まあまあのペースだと評価しています。
これ以前にハガキによる反対表明して下さった方,および各自治会独自で行った反対者の数を合せると,1万人を越えました。

6千名の中の重複分は,気が付いたものは除いてありますが,まだ完全ではありません。最終的には重複チェックを厳密に行って発表します。
また,1万名の中にはより多くの重複分があるはずですが,未だチェックは行っていません。よって参考としてご覧ください。


記者発表時に記者から以下の質問がありました。回答とともにご覧ください。
 質問1:当面の目標は?  回答:半年をめどに1万人です。
 質問2:署名活動をいつまで行うつもりか?  回答:設置が中止されるまでです。


『BSL4施設設置の中止を求める自治会・市民連絡会』関連情報に戻る
トップページに戻る






========記事ここまで========

[PR]

by nakamatachi3 | 2017-08-12 16:36 | Comments(0)


8月上旬は原爆忌を控え,報道各社の皆様は何かとお忙しい事と思います。その中を私たちの記者発表の場に駈け付けて下さった報道各社の皆様には深く感謝申し上げます。今回の記者発表に関する報道について,気が付いた記事をアップします。
まだ処理作業が終了していないものもあり,できたものからさみだれ式にアップしていきます。

朝日新聞
a0339940_15413106.jpg



NCC長崎文化放送
a0339940_15413017.jpg
署名データ(現物は各所分散所持のため一部のみ持参)
a0339940_15413151.jpg

反対表明を伝えるハガキの束
a0339940_15413236.jpg
市長への手渡し場面
a0339940_15413257.jpg
いつものことですが,市長さんはいつも代理で受け取ってくださいます。ただし,面会要請がいつも急にならざるを得ないので,多忙な市長さんは日程調整が難しいのでしょう。
(代理者は多くの場合課長さんです。)




報道記事一覧に戻る
『BSL4施設設置の中止を求める自治会・市民連絡会』関連情報に戻る
トップページに戻る






========記事ここまで========

[PR]

by nakamatachi3 | 2017-08-05 15:42 | Comments(0)