1.『感染症研究が世界に後れを取る』という焦りの意味 2015-05/28
   世界との競争よりも早くエボラの脅威がなくなって欲しいです。もちろん,長崎大学には頑張って欲しいと応援します。でも市民を道連れにしないで。

 2.『国家の危機管理上の観点』からの焦りの意味 2015-06/01
   国家の危機管理上の問題を一地方大学が自分にやらせてくれと手を挙げた構図です。でもそれは住民を危険な環境に道連れにする構想でした。

 3.BSL4施設と国民の安全の関係 2015-06/04
   国民の安全と国家間の競争のどちらがゆうせんしているのでしょうか。

 4.施設設置で長崎市民は国家間の競争に巻き込まれる 2015-06/05
   国家間の競争というとどうしてもセキュリティ競争になります。国際協力体制が取られない理由は案外このあたりにあるのかもしれません。

長崎大学の主張に対する批判に戻る
トップページに戻る







========記事ここまで========

[PR]

by nakamatachi3 | 2015-05-28 21:40 | ・長崎大学の主張への批判 | Comments(0)



片峰学長の主張 New 2015-05-28

片峰学長はあちこちに書かれた文章や住民説明会などで,BSL4施設がないと『感染症研究が世界に遅れをとる』という言質を残されています。そして,『国家の危機管理の観点から由々しき問題である』と焦っておられます。本記事ではその焦りの由来と意味を探ります。

まず片峰学長が残された言質を書きだしておきましょう。


A. 学長メッセージー長崎大学と感染症(2010年05月21日)より

 先進国のほぼ全ての国や南アフリカ,インド,台湾にBSL-4施設があり,中国でも建設が進んでいます。このままでは,日本の感染症研究は世界に遅れをとり,BSL-4の感染症が侵入した場合の国家の危機管理の観点からも由々しき問題です。


B. 医薬ジャーナル社ー高度安全実験(BSL4)施設(化学療法の領域2014年4月号片峰学長巻頭言)より

 進国のほぼすべての国や,南アフリカ,インド,中国,台湾でBSL4施設が稼働している。BSL4病原体が侵入した場合の国家の危機管理の観点のみならず,このままではわが国の感染症研究は世界に遅れをとり由々しき問題である。


このような文章で片峰学長が訴えておられるのは,多くの国にBSL4施設があるのに我が国にはないことの不利益です。その不利益とは,

①『日本の感染症研究が遅れをとり由々しき問題』
②『国家の危機管理の観点から由々しき問題』

の2つを挙げておられます。片峰学長はこれら二つの由々しき問題をほぼ同程度に憂えておられるようです。だからこそ語順が一定しないのでしょう。

そこでます①の焦りについて考えてみます。

①の焦りの意味
New 2015-05-28

冷静に考えてみましょう。私たち日本国民,そして長崎市民にとっては,どの国がエボラを克服しようと全く関係ありません。エボラを克服するワクチンが外国で開発されたとしても,喜び以外にはあり得ません。先を越された日本人研究者に対しては,同じ日本人として『残念でしたね!』と言ってあげる気持はもちろんありますが,それだけのことです。

そもそも,BSL4施設がほとんどの先進国に設置されている⇒だから日本にも必要だ という理屈が,大学という知性の府にしてはなんとも短絡的と言わざるを得ません。多くの国にBSL4施設があることは,本来ならば感染症克服のためには喜ぶべきことです。なぜなら,それだけ多くの研究場所が存在し,多くの研究がなされることになるからです。

それに加えて日本が貢献できるとなると素晴らしいことですが,それを長崎の坂本地区を舞台にして行ってよいということにはなりません。まして長崎大学がそのように先走って決定してよいはずはありません
何度も申し上げるように,国が法整備を済ませ,長期的観点で最適戦略を整えてからあとの話であるべきです。


ところで,片峰学長はBSL4施設がほとんどの先進国に設置されている⇒だから日本にも必要だ というような国家的戦略の観点から,突如として(2010年)BSL4施設の坂本地区設置を考え付かれたのでしょうか?もちろんそれは部分的にあったでしょう。

片峰学長がこのような国家的な観点でBSL4施設導入を図るのは極めて不遜です。なぜなら,それを行うためには長崎市民を道連れにすることが必然だからです。

片峰学長の国への貢献度が非常に高くなることは明らかですが,それは長崎市民の危険受容と引き換えのことです。危険受容と引き換えは認めるわけにはいきません。

この,BSL4施設を国家間の競争と見ることの問題点は次の記事に予定しています。ここではもう一つの動機について考えます。

動機の一つを推測する
New 2015-05-28

①の焦りの意味,言い換えるとBSL4施設設置計画のもう一つの動機としては,研究者間,研究組織間の業績競争が推測できます。さらに言えば昨今の研究組織や研究者の生き残り競争の可能性(ぜひ【注】をご覧ください)があります。あのSTAP細胞を巡る騒動も,その背景には,理研という組織の生き残り(トップレベルの評価を維持すること)を賭けた無理があったと言われています。

このことは研究者,研究機関としての大学のエゴにほかなりません。そのようなものに付き合わされるのは長崎市民としての私たちには非常に迷惑です。
私たちは
に簡単に書いたように,

『兇悪ウイルスと人類との戦いは研究者個人の戦いの段階を超えている人類への貢献という広い観点を持ってほしい。そういう人間でないと逆に研究者として危険

と考えています。国際的協力体制の考えを全世界に広めてこそ世界から尊敬を克ちえるのだと思います。
長崎市民にとっては,長崎大学が素晴らしい業績を挙げたら,それは大変に誇りに感じられることでしょう。しかし,それは市民の安全と引き換えてまで望むことではありません。どうか,市民に危険を受容させる必要のないことによって,名声を克ちえていただきたいのです。


【注】国家的観点のみから焦っておられるのであれば,最も作りやすい場所を提案するはずですが,片峰学長は坂本設置にとことんこだわっておられます。これは大学の都合,つまりは組織の生き残りが強い動機となっていることの傍証と考えます。(まさか,ほとんど爆心地に作るのが最も作りやすいとお考えになったわけではないでしょう。)


『国家の危機管理上の観点』からの焦りの意味に続く

トップページに戻る









=======記事はここまで=======

[PR]

by nakamatachi3 | 2015-05-28 10:52 | Comments(2)

私たちは住民の意見調査結果でお知らせしたような住民の真の声を社会にお伝えするため,意見調査を実施した自治会の方々(平野町山里自治会と上野町東部自治会)とコラボで記者会見を行いました。本記事ではとりあえずその概要を速報版としてお届けします。


記者会見の概要
2015-05-24

 1.日時:2015年5月23日(土)13:00より
 2.場所:長崎県庁記者クラブ
 3.取材各社
   ・NBC長崎放送(幹事)
   ・NCC長崎文化放送
   ・毎日新聞
   ・長崎新聞
   ・読売新聞
   ・西日本新聞

 4.会見者
   ・平野町山里自治会:会長以下3名
   ・上野町東部自治会:会長以下4名
   ・白紙撤回を求める『市民と科学者となかまたち』
    (広瀬共同代表,木須共同代表,高辻共同代表


記者会見の趣旨
2015-05-24

 片峰学長は『住民の理解が進んだ』と公言して,いよいよ施設実現を強行しようとしています。しかし,住民の意見調査結果で明らかなように,そういう事実はなく多くの住民が不安を抱えているのです。

 そのような住民の不安や作って欲しくないという意見は,これまで肉声によって公表されるということがありませんでした。今回,自治会や私たちは勇気を振り絞って記者会見を行いましたが,周辺住民の生の声(賛否の実態)を社会に直接お届けする初めての機会となりました。

 片峰学長には,これからは『住民の理解が進んだ』などと言ったら真っ赤な嘘になることを肝に銘じて戴かなくてはなりません。

トップページに戻る
記者会見のページに戻る









=======記事はここまで=======

[PR]

by nakamatachi3 | 2015-05-24 23:32 | Comments(0)



記者会見

 2. 記者会見11月,直訴状発送を承けて 2015-11/26
   中央官庁への直訴状発送を承けて,長崎市役所で記者発表を行いました。その時には地元住民が17名参加し,記者クラブ室が一杯になりました。

 1. 第一次住民意見調査結果の記者会見とアピール文 2015-05/24

文部科学大臣と財務大臣への直訴状

 1. 中央官庁への反対意思の直接伝達(直訴)に関する記事 2015-12/21
   文部科学省から回答が届きました。その内容は,地元では多くの住民が反対しているという事実の存在を認めたものであり,直訴状の目的は一定程度果たせました。


トップページに戻る








=======記事はここまで=======
[PR]

by nakamatachi3 | 2015-05-24 22:39 | Comments(0)




 1.『リスクゼロを目指した努力』の意味 2015-05/03
   白紙撤回を求める会としての出発にあたり発表した声明です。国による安全審査体制が確立されない段階では,計画は時期尚早であると発信しました。

 2.Q&Aにおける想定問答集の構成 2015-05/03
   白紙撤回を求める会としての出発にあたり発表した声明です。国による安全審査体制が確立されない段階では,計画は時期尚早であると発信しました。

 3.補償問題に対する考えからわかること 2015-05/03
   白紙撤回を求める会としての出発にあたり発表した声明です。国による安全審査体制が確立されない段階では,計画は時期尚早であると発信しました。

長崎大学の主張に対する批判に戻る
トップページに戻る







========記事ここまで========

[PR]

by nakamatachi3 | 2015-05-03 20:12 | ・長崎大学の主張への批判 | Comments(0)

長崎大学の描く,BSL4施設設置計画が安全神話に立脚したストーリーである証拠は他にもまだあります。

補償問題に対する考え方

長崎大学の設置計画が,安全神話に基づいたストーリーである証拠をもう一つ見つけることができました。それは補償問題です。
補償問題についてはわずかに同じQ&Aの次の個所に言及がなされているのみです。


Q16.BSL-4施設の事故が原因となる損害が発生した場合、補償はされるのでしょうか?

回答:長崎大学の他の施設・設備と同様、本学の施設・設備の事故が原因で損害が発生した場合には、関係法令に従って補償されることになります。



これは驚くべき楽観かつ無責任な態度と言わざるを得ません。いったん重大事故が起こった時の損害補償は,他の一般の学内施設や設備の事故が原因で生じた損害とは比較になるはずがありません。
従って,逆に言えば,絶対に事故は起きない,起こさないつもり,という超安全神話に依拠しなければ出てくるはずがない考えです。


そもそも,BSL4施設の事故が原因で生じた損害の補償は,国家レベル,国際レベルの問題になるでしょう。そして,その補償に対する考え方は,国のレベルで法的に整備しておかなければならない事柄(の一つ)なのです。


片峰学長がいくら誠実なお方でも,この責任は負えるはずがありません。無責任すぎます。
でも補償のことを考え出したら一大学ではどうしようもないことはすぐにわかります。だから補償については大学もこのように放り出すしかなかったのだろうと同情します。しかしこれこそ,一大学が先頭に立ってこの計画を進めることの無謀さを如実に示すものなのです。


このような楽観主義者・超安全神話信奉者が描くBSL4施設設置計画は,やはり白紙撤回していただくのが最良の策です。


トップページに戻る








=========記事はここまで========


[PR]

by nakamatachi3 | 2015-05-03 09:09 | Comments(0)

長崎大学の描く,BSL4施設設置計画が安全神話に立脚したストーリーである証拠は他にもまだあります。Q&Aにおける想定問答集にもそれはあります。

Q&Aにおける想定問答集の構成

長崎大学のホームページにある感染症とBSL-4施設に関するQ&Aにも安全神話のストーリーを見ることができます。
ここのQ&Aでは,リスクとなりそうな多くの心配事項の問いに対して,いずれも『心配ありません』,『そういう例は報告されていません』といった形の回答が与えられています。一例を挙げると,

Q6.実験中にウイルスが外に出てしまう心配はないのでしょうか?

回答:BSL-4施設は、建物の中に、さらに密閉された実験室を設置する構造をとります。実験室は外気より低い気圧に保たれ、実験室内の空気がそのまま室外に流れ出ない設計になっています。さらに、実験は実験室内に設置された専用の装置(安全キャビネット)内で行います。安全キャビネット内の空気や実験室内の空気は、二重以上のHEPA(高密度)フィルターで微細な粒子まで取り除いた後に外部に排気されます。BSL-4施設は世界では1970年代から利用が始まっていますが、実験中に病原体が建物の外に漏れて感染者が出た例はどの施設においても報告されていません。


つまり多くのリスクを挙げながら,ことごとく『こういう対策があります。だから心配ありません,安全です』という構図になっているのです。これは安全宣言に等しいわけで,安全神話そのものにほかなりません。仮に施設が万全でも事故は起こり得ることは初めから指摘しています。


Q&Aの個別の中身については別の記事で論じる予定ですが,ここでは一反論を掲げておきます。例えば上記回答文の下線部について,以下の指摘をしておきます。

1.回答文での『報告されていない』とは,BSL4施設についてのみ言っていることに注意しましょう。本当にそうなのかはさておき,少なくともBSL3以下では事故例を認めています。ならばBSL3以下で生じてBSL4で生じないという理屈は納得しがたいものです。BSL4といえどもその安全性は原理的なものではなく,相対的なものに過ぎないからです。

2.仮にこれまで,BSL4施設において『実験中に病原体が建物の外に漏れて感染者が出た例がない』ことが本当だとしても,これからも生じないという保証にはなりません


トップページに戻る








=========記事はここまで========


[PR]

by nakamatachi3 | 2015-05-03 09:01 | Comments(0)

長崎大学,および片峰学長らの発言を子細に見ていくと,看過しがたい重大な矛盾が発見できます。読者によっては重箱の隅をほじくっているように思われるかもしれませんが,決して重箱の隅ではなく,隠された本音の立場を露わにする試みなのです。
ご一緒に長崎大学の言い分をじっくり吟味してみましょう。

『リスクゼロを目指した努力を続けていくことをお約束します』の意味とは?

まずは長崎大学のホームページにある学長メッセージから採り上げてみます。2014年07月10日の日付のある次の記事

BSL-4施設設置に向けた取り組みの現状と今後の展望

の中に,以下の件りがあります。(『BSL4施設の安全性』の項目の最終段落)

『もちろん、ミスによる実験者の感染などが生じるリスクがゼロではないことも事実です。長崎大学としては、世界最先端の技術や事例を常に学びつつ、様々な分野の専門家の手も借り、常に謙虚さと誠実さを持って、リスクゼロを目指した努力を続けていくことをお約束します。

この文章中の下線部と赤文字部について,片峰学長は一体何をおっしゃりたいのか,読者の皆さんはお判りですか?私たちには理解ができませんでした。

下線部は一見,リスクがゼロではないことを認め,安全神話に立脚してはいないかのようです。本当にそうでしょうか?
これにはそれを受けた赤文字部分を考える必要があります。文の流れがここで切れているので,『だからどうだとをおっしゃりたいのだろう?』と戸惑うのです。つまり,文意としては不完全で,文意を補うとすれば次のAとBのどちらかにならざるを得ません。
(あるいはもっとほかの想定が可能でしょうか?私たちは想定できなかったのですが,そもそも『お約束します』で終わっていること自体が非常に無責任といえるでしょう)。

A.『リスクゼロを目指した努力を続けていくことを約束する』ので安心してください

B.『リスクゼロを目指した努力を続けていくことを約束する』のでほんのわずかのリスクは許容してください

仮に片峰学長がAの意味で述べられたとしてみましょう。この立場は,リスクはゼロではないけれども努力を続ければ事故は起こらないとする立場です。しかし,そう言えるでしょうか?リスクゼロを目指す努力で事故が起こらないようにできれば何の苦労もありません。どんな事故でも故意やテロ行為でない限り,起こそうと思って起きるわけではないのです。ヒューマンエラーについてを参照してください。

ですから『努力を続けていくことを約束するから安心してください』と言って市民に施設設置受け入れを迫る態度は非常に無責任と言えるのです。むろん,これは片峰学長個人を信頼する・しないの問題とは全く別の話です。当然ながら片峰学長ご自身が実験・研究されるわけではないし,学長というポジションもいつの日か退かれるのですから。

ここは屁理屈をこねたり文章をあげつらったりしているのではないことを強調しておきます。片峰学長は努力を続ければ事故は起こらないとしたい立場なのに対し,私たちは小さなリスクといえども重大事故が起きる可能性はあるとする立場であり,その違いを明らかにしようとしているのです。
何しろ,作ろうとしている施設は,一旦重大事故が生じたら取り返しがつかない,そういう危険な施設です。だから,小さいリスクといえども心配すべきだと訴えているのです。(重大事故となるかならないかは紙一重の運の差に過ぎない,それが重なったら確率的にいつかは重大事故につながる,という畏れです。)

こう考えると,Aの立場は完全に安全神話に立脚していることがわかります。

では次にBの立場を考えてみましょう。『リスクゼロを目指した努力』をするのですから,リスクゼロではない状態を想定していることになり,本来はBの意味にとるのが自然でしょう。
しかし,片峰学長はBの立場ではないことは明らかです。その根拠は以下の通りです。

1.片峰学長が残したお言葉には,『リスクはわずかなので許容してください』とか『エボラの侵襲するリスクに比べたら小さいので,こちらのリスクは許容してください』といった市民に対する『リスク許容』を求める言及は全く見つけることができません
2.もしリスクを許容するとしたら,万一の重大事故を想定したシミュレーション避難訓練の計画が示されていなければなりません。しかし,周知のように(ホームページや住民説明会で知る限り),そのようなものは皆無です。

このように,片峰学長は万一の事故のことを全く想定しておられないことが明らかです。

以上のように,片峰学長は完全に安全神話に立脚しておられる立場であることが明らかになりました。しかし,私たちはすでに安全神話を信用してはいけないことを福島事故で学んでいます。従って,私たちはBSL4施設設置計画の白紙撤回を求めざるを得ないのです。


トップページに戻る








=========記事はここまで========

[PR]

by nakamatachi3 | 2015-05-03 07:31 | Comments(0)